新型コロナ感染症について

新型コロナウイルス感染症「収束」のご報告

・8月22日 保健所より接触認定を受けた透析患者様2名、透析室スタッフ16名、外来看護師1名、計19名に対しPCR検査を実施し、8月23日全員陰性を確認しました。
・9月6日 発生後2週間、院内における感染兆候も見られず安全体制を確認しました。
・9月7日 当該患者様も地域の基幹病院を退院し、家族の濃厚接触制限期間経過後に一般透析室にて治療を再開しました。

 関係者の皆様にはご理解とご支援を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。
ならびに透析患者様をはじめ地域の皆様に多大なるご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。スタッフ一同、感染予防対策に一層の努力をしてまいりますので、今後ともご理解とご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

令和3年9月8日
高桑内科クリニック
院長 高桑 薫
TEL:0577-36-1911
FAX:0577-35-3039

新型コロナウイルス感染症の発生について【第2報】
8月21日、当院の透析患者様1名に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認されました。その後の経過について報告させて頂きます。
・8月22日 保健所より接触認定を受けた透析患者様2名、透析室スタッフ16名、外来看護師1名、計19名に対しPCR検査を実施。
・8月23日 全員陰性を確認

【今後の対応について】
今後の対応につきましては、引き続き所管保健所の指示に従いながら万全を期する所存です。透析室内においても「透析施設における標準的な透析操作と感染予防に関するガイドライン:日本透析医会監修」に沿って感染防止を徹底します。

このたびは、当院の透析患者様をはじめ地域の皆様に多大なるご心配をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。スタッフ一同、感染予防対策に一層の努力をしてまいりますので、今後ともご理解とご協力を賜わりますようお願い申し上げます。

令和3年8月23日
高桑内科クリニック
院長 高桑 薫
TEL:0577-36-1911
FAX:0577-35-3039

新型コロナウイルス感染症の発生について【第1報】

当院に通院しておられる透析患者様1名が8月21日に新型コロナウイルス陽性が確認されました。
感染経路につきましては院外での感染が推定されております。
現在は所管保健所の指導のもと、接触者に該当する透析患者様、及びスタッフのPCR検査を実施しているところです。
その他、外来診療につきましては通常通りの診療を行っております。
今後の院内の状況変化については、速やかにホームページにてお知らせ致します。


患者様および関係者の皆様には、ご心配をお掛けすることとなり、誠に申し訳ございません。今後の対応につきましては、PCR検査等の結果も踏まえ、引き続き所管保健所の指示に従いながら、万全を期する所存です。

皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

2021年8月21日
高桑内科クリニック
院長 高桑 薫
TEL:0577-36-1911
FAX:0577-35-3039

ゲスト透析希望の患者様へ


新型コロナウイルス感染症の対策として、当院では現在通院中の透析患者さんへの影響を最大限に考慮し、当面は現在のご旅行・帰省等によるゲスト透析のご依頼一時お断りの処置を、継続とさせていただきます。苦渋の決断ではありますが何卒ご理解・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。尚、解除の際は改めて当ホームページでお知らせします。

2021年4月1日
高桑内科クリニック
院長 高桑 薫
TEL:0577-36-1911
FAX:0577-35-3039

発熱による受診希望の方へ

発熱やせき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、受診する前にまず当院にお電話していただき、相談して指示を受けていただきますようよろしくお願いいたします。

医療法人薫風会 高桑内科クリニック
院長 高桑 薫
電話番号:0577-36-1911