雄大な北アルプス、澄み切った空気と水
 飛騨高山にある透析施設のwebsite
deta4.jpg
〒506-0825 岐阜県高山市石浦町6-220                                                            代表:0577-36-1911 透析:0577-36-1191


透析室の概要

透析室の概要


P1010863s.jpg
透析ベッド数 :30床
総患者数 :77名( 2017.6月現在)
診療時間
  月水金 9:00~22:00
  火木土 9:00~15:00


LinkIcon透析室のパンフレットはこちら

当院の提唱する透析生活

当院の提唱する透析生活

~しっかり運動としっかり食事、そしてきれいな透析液で長時間透析が基本~

P1010885s.jpg
1、運動の継続(ウォーキング・ストレッチ体操)
2、バランスの良い食生活(旬の食材に感謝して)
3、十分透析(5時間透析を推奨)
4、笑いのある生活

*我々は、患者さまが「病気があっても幸せ」と思っていただけるよう、 日々努力します。
*当透析室は、熟練した医師・看護師・臨床工学技士・医療事務・ケアマネジャー・看護助手などが連携を図り、チームワークを大切にした透析治療に当 っています。

.


特 徴

特 徴

P1010954syou.jpg
*on-lineHDFiやi-HDFなど高度透析医療も積極的に導入しています。
*当院は開院時から5時間透析を推奨しています。
リフレクソロジー整膚の資格を持つスタッフが透析中のケアに活用するなど、代替医療も積極的に取り入れています。
フットケア指導士が常駐し、患者さま全員の足の管理をしております。。
*訪問看護・在宅看護を兼任とする看護師スタッフがいます。
*朝の透析開始前に患者さま・スタッフ全員で6分間のストレッチ体操を行っております。
*患者さま向けに定期的に太極拳・気功教室を開いている看護師スタッフがいます。
*春には卓球大会、秋にはボーリング大会、冬にはマージャン大会などの他、日帰り旅行、お散歩会、講演会などなど・・・、患者会との交流会がさかんに行われています。
.


キーワード
代替医療
フットケア

透析生活と運動

透析生活と運動

P1000581syou.JPG
人間がより良く活動し、生存するためには、体力が必要です。体力が低下すると代謝や免疫力などが衰え、疲れがとれない・抵抗力が落ちる・元気がでないといった生活する上で困った症状が出てきます。車イスの方もベッドに腰掛けて。体力が低下する大きな原因のひとつに筋力の衰えが考えられます。朝のクールの患者さまは起床して数時間後にはまたベッドによこになり、透析治療を受けなければなりません。横たわった状態は、適度な時間なら休養になりますが、長時間に及ぶと運動不足になりがちになり、下肢や背部の大切な筋力の低下を招いてしまう可能性もあります。P1010959syou.jpgそこで、少しでも身体を動かし、筋肉を使ったり、ほぐしたりして透析に入っていただこうと、当クリニックでは穿刺前のストレッチ体操を考案し、毎日かかさず行っています。いくつになっても元気に自分の"足"で通院していただきたいという願いと透析に負けない体力を維持していただきたいという思いが込められています.
.